• ストレスチェックでよりよい会社に

    50人以上の社員がいる会社では、ストレスチェックを行うことが義務付けられています。

    近年会社員が業務内容や人間関係で過重なストレスを感じて肉体的、精神的に不調をきたし、うつになったり離職する人が増えてきました。

    以前はうつ病というと中高年以上に多い病気でしたが、最近では若者がかかりやすい新型うつも増加しています。

    ストレスチェックについての情報をまとめたサイトです。

    ストレスチェックを行うことで、社員の状態を把握し病気になったり離職を防ぐことができるようになります。

    また職場環境を見直すきっかけにもなるので、より働きやすい職場を作るのに役立ちます。新しく始まった制度なのでどのように行ったら良いかわからないという会社もありますが、専門業者が販売しているストレスチェックキットを使用すると簡単に導入することができます。



    紙媒体やウエブを利用して社員が質問内容に回答するだけで、どの社員が強いストレスを抱えてくれるか分析してもらえ、外国人の社員が多い会社に対しては英語対応しているキットもあります。

    あらかじめ質問内容が用意されているので簡単にストレスチェックが実施できるだけではなく、自社で行うよりも費用も手間もかけずにすみます。



    ストレスチェックを行うだけではなく、強いストレスを感じている面談対象者が出た場合産業医を紹介するサービスを行っている専門業者もあります。自社で対応できない場合や、依頼できる産業医がいない場合にはこ紹介制度がある業者を選ぶと良いでしょう。