• ストレスチェックの義務について

    • 2015年に義務化がされたストレスチェックは、労働保安衛生法に基づいて50人以上の労働者をかかえている事業場ごとに設置が義務付けられている制度です。

      主に精神衛生に関することを審議調査し、事業者に意見を述べるための制度で、毎月1回以上行うことを義務としています。
      ストレスチェックをおこなううえで事業者は、ストレスチェックの実施者、実施事務従業者を選びます。
      チェックする事業者は事業場または委託先外部機関の医師や保健師といった専門の者である必要があります。

      主に一般的には、標準的な職業性ストレス簡易調査票を用いるものとされており、これは厚生労働省が推奨しています。一方で事業者が調査票を選択することも可能となっていますが、仕事のストレス要因、心身のストレス反応、そして周囲のサポートという3つのカテゴリーを含んでいることが前提です。

      また、受検した労働者に対しては実施者からその結果を直接本人に通知させることが義務付けられています。

      ストレスチェックの特徴についてをいくつか紹介しています。

      通知をする場合は、他者に見られないように封書や電子メールで行うことが決まりとなっており、インターネットによるチェックを行った場合は本人がその結果を閲覧できるものであれば良いということとされています。



      そのストレスチェックで高ストレスと判断された労働者は、医師による面談指導を実施することを義務付けており、その面接による費用はすべて事業者が負担することも義務のひとつとして入っているのが重要な点です。



  • ストレスチェックについて情報

    • 企業が行うストレスチェックについて

      現代では社会問題にもなっているうつ病ですが、社会人に多くあり離職や自殺に繋がっています。労働環境の悪さや社員のメンタルケアを怠っている事が原因として、平成27年12月1日にストレスチェック制度が施行されました。...

  • ストレスチェックの実態

    • ストレスチェックでよりよい会社に

      50人以上の社員がいる会社では、ストレスチェックを行うことが義務付けられています。近年会社員が業務内容や人間関係で過重なストレスを感じて肉体的、精神的に不調をきたし、うつになったり離職する人が増えてきました。...

  • ストレスチェックのおすすめ情報・ストレスチェックの意外な真実

    • 簡単なストレスチェック

      病名がつくほどの体の不調はないけれど、なんとなく頭が重い、朝起きて十分眠った気がしないなどすっきりしない体調や気分はストレスが溜まっている証拠です。また、そこまでいかなくても最近忘れ物が多い、ため息がよく出るなどの些細な変化もストレスチェックのポイントと言われています。...

    • ストレスチェック制度の目的

      平成27年12月より、50人以上の従業員がいる会社は従業員にストレスチェックを年1回行う事が義務化されました。このストレスチェックを行う目的は、大きく分けて2つあります。...