• ストレスチェック制度の目的

    平成27年12月より、50人以上の従業員がいる会社は従業員にストレスチェックを年1回行う事が義務化されました。

    このストレスチェックを行う目的は、大きく分けて2つあります。


    1つは精神病の予防であり、メンタルヘルスケア不調の予防と言われこの不調は自身で予防する事は難しいです。
    自身では自覚がなく、いつの間にか進行していたというケースが多いので、自分を客観的に確認できるチェック制度により、自分を知るきっかけになります。自分のストレス度を確認して、危機感を持ってもらう事が目的の1つです。

    今、話題の便利なストレスチェックに関する情報をすばやく探せます。

    結果はグラフで表示され、高ストレスという結果の場合は、会社は上司や医師と面談を設定する必要があります。
    会社が従業員の状態を確認でき、それに対して対応する事を根ざす為に設けられています。


    精神病により長期休暇が必要になる前に予防するので、従業員自身にも会社にも良い結果が生まれます。



    2つ目が職場環境の改善であり、職場の環境は労働者自身で変える事は非常に困難です。
    このストレスチェックにより、事業者が労働者の状態を把握できるので、環境改善や対策が行えます。

    会社の宝は人材です。それを会社が守る事ができ、離職者を減らして会社を安定的に継続し続けられる結果に繋がります。
    このストレスチェックの結果は所轄労働基準監督署に報告する必要があります。



    義務であり怠ると罰金や罰則が科せられます。

    行う事だけが義務ではない制度なので、事業主は注意が必要です。