抗てんかん・抗うつ薬、痙攣などのてんかん症状の治療にテグレトールが効果的です。当サイトではてんかんについて初心者でも分かりやすくまとめてみました。てんかんという疾患を聞いたことがない方でも、知っておいて損はありません。

てんかん発作の後遺症

てんかん発作は脳の神経細胞において異常が発生することが原因で起こるとされている。
突然けいれんしたり、意識消失が起こる症状が現れます。
てんかん発作を予防することを目的として使用される薬には、テグレトールがあります。
テグレトールは、Naチャネル阻害薬という種類に分類される薬です。
てんかん発作では脳内の電気刺激が突発的に発生することによって、異常放電が行われることが原因で起こると考えられます。
てんかん発作を改善するためには、興奮性のシグナルの作用を抑制させることによって、異常な電気信号を抑えることができれば発作の症状を改善できます。
Naチャネルを阻害することによって、興奮性シグナルが脳内に入ってくることを抑えられますので、てんかん発作による電気伝導を抑制できます。
興奮性シグナルを抑制させることで、てんかん発作の症状を予防する薬がテグレトールになります。
側頭葉てんかん手術では、てんかん外科に精通している脳外科医が手術を行うことで安全に行うことができると言えます。
ただし、症状に応じては海馬を取り除かなければならない場合もあって、そのときには後遺症が残ることが考えられます。
海馬を切除したときには、記憶の障害が起きます。
左側の側頭葉を切除したときに記憶障害の症状はでやすいものと考えられており、手術前の記憶機能が良好だったときや、手術時における年齢が高いこと、手術前のMRI検査で海馬の委縮が見られないときには、記憶障害が発生しやすい状態の例として挙げられます。
これらの特徴の中で、海馬の委縮が見られないことが最も大きな原因と言えます。
脳の左側は言語能力の優位半球となりますので、左側の側頭葉を切除する手術を行ったときには、言語性記銘力障害という記憶障害が発生します。
この後遺症によって、人の名前や話の内容などを忘れてしまう症状が起きます。