分かりやすいてんかん治療薬テグレトール

抗てんかん・抗うつ薬、痙攣などのてんかん症状の治療にテグレトールが効果的です。当サイトではてんかんについて初心者でも分かりやすくまとめてみました。てんかんという疾患を聞いたことがない方でも、知っておいて損はありません。

てんかん発作が起こる年齢

てんかんは、人口1,000人の場合には、5〜10人がかかっている病気ですので、0.5〜1%の割合になっています。

実際に、てんかんを発病する年齢は3歳以下が最も多くなっています。
一方、成人になると発症して行く人は減りますが、60歳を超えた高齢者になると脳血管障害などの疾患が原因となっててんかんの発病をしてしまう方が増加して行きます。
てんかんの原因は様々ですが、原因により特発性てんかんと症候性てんかんに分けられます。

小児てんかんの患者でも一部の方は、成人になる前に治ることがありますが、一般的には、てんかんの治療を継続することになりますので、長く付き合う病気といえるでしょう。

したがって、てんかんは乳幼児期から老年期まで幅広くみられる病気であり、年齢によりてんかん発作が起こる違いがあるとは言えません。

抗てんかん薬でてんかんの治療を主に進めて行きながら、てんかん発作が起こりづらいようにして行きます。
てんかん発作を予防する薬で代表的なものがテグレトールです。
このテグレトールは、てんかん発作を超す原因となる大脳の過剰な電気的興奮を抑える働きを持っているために、てんかん発作を起こす可能性のある間は、続けて飲む必要があります。
現在、日本では多くの種類の抗てんかん薬がありますが、テグレトールはまず始めに処方されるのが普通です。

抗てんかん薬はいくつもの種類があります。
従って、発作のタイプに応じて、てんかん患者に合った適切な抗てんかん薬が選ばれるようになります。
このように、てんかんは幅広い年齢層で発症する疾患ですので、副作用にも注意喚起をしながら、適切に使用をして行くことで、てんかん発作を抑えながら生活の質を出来るだけ落とさないようにして闘っておられるてんかん患者も多数います。